スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権行使での閣議決定で公明の太田がサインを拒否する事を願うばかりです。

公明党の井上義久幹事長は本日、慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」を巡り、日本維新の会が提案している国会での検証機関設置に否定的な考えを示した。「官房長官談話の形で見解を示しているわけだから、議会で検証する機関をあえてつくる必要はない」と述べたようです。
 
 何処まで行っても公明党の本性は反日政党であることを自ら証明しています。菅官房長官は「河野洋平を参考人として国会に呼ぶ事」を否定しないと明言しています。自民党内には元総裁だから参考人招致に反対しているようですが、こんな態度を取っていれば国民の信頼を失うに違いありません。せめて安倍総理も河野の参考人招致に同意しているようですから期待出来ると信じています。
 安倍総理の考え全てにイチャモンを付け続けている公明党を排除しなければ安倍政権の支持率も低下する可能性が高まり、長期政権の土台が不安定になるでしょう。サッサと公明切りを果たすべきです。集団的自衛権行使での閣議決定で公明の太田がサインを拒否する事を願うばかりです。それを切っ掛けにしてバッサリと公明を切り捨てれば良いのです。幸運にも未だに生き長らえている売国奴の村山と共に河野を生け捕りし、生き証人として人生の最後ぐらいは真っ当な人間になって貰いたいものですが、根が腐っているからとても期待出来そうに有りませんが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。