河野洋平と共に朝日新聞も国会に呼び出せ!

 先日衆院予算委で維新の山田宏氏が河野談話の作成経緯を石原元官房副長官に質し、その滅茶苦茶好い加減さが白日の下に晒されました。産経新聞がかねてより報道して来た事が正に証明された訳で、本来全てのメディアが大きく報道すべきニュースだったのですが、案の定、読売を除く朝日・毎日等の反日メディアは全く無視しました。これが日本の報道関係の偏向振りが顕著に表れた現象です。当然大方の国民は日本にとって大した事は無いニュースとしか感じないでしょう。
 
 この際、河野洋平だけでなく、戦後様々な捏造記事をばら撒き日本の名誉と尊厳をズタズタに切り刻んだ朝日新聞の社長を参考人として国会に招聘し、過去の過った報道を徹底的に追求し世界中に懺悔の記事を配信させるべきだと強く思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)