安倍総理!秋の例大祭参拝が日本の未来を切り拓く鍵です。

 「安倍総理は靖国神社の秋の例大祭に参拝するべき」と書き込みしましたが、なんと今朝の読売、朝日新聞が例大祭には参拝しないだろうとの記事が掲載されていました。朝日は兎も角、読売がまるで当然の如く「シナや韓国に対して刺激を与えない為にも参拝は自粛すべき」という意味で牽制しているのですから、日本のマスコミの左翼的な反日思想ぶりに怒りを思えました。
 シナや韓国に対して迎合する姿勢を改めなければ益々増長して世界中に日本の悪口を吹聴し捲くり、日本の若者達の自国に対する自信と誇りを喪失しかねません。経済も大事ですが、所詮金で解決できる程度のものです。日本の伝統や輝かしい歴史は金をいくら積んでも買える事の出来ない貴重なものです。
 たかが、60年程度の歴史しかない中華人民共和国辺りに追従し、自力で独立も出来なかった韓国に言いたい放題される所以は何処にも有りません。
 NHKをはじめとする日本のマスコミが「アジアの国々が日本の右傾化に危惧を持っている」等と嘘八百並べたて、日本人を洗脳しようと躍起になっています。然しながら今や日本の若者達はネットという武器を持ち、反日マスコミの並べ立てる虚言に気付き始めました。残念ながら団塊の世代以上の高齢者は未だにGHQ指導の歴史認識を堅持し自国に対する誇りを持合せていない現実が有ります。
 戦争をしなかった先進国は皆無です。勝つ事も有れば負ける事もあるのが戦争です。僅か67年前の1回の敗戦で、戦後の日教組をはじめとする左翼反日勢力による徹底的な運動が功を奏したのか、ここまで自虐史観を植え付けられたのですから教育の恐ろしさをシミジミ感じています。少しでも正しい歴史認識を持って日本という素晴しい国が未来永劫輝き続けて欲しくて、地道な運動ですが今後も微力ながら貢献出来ればと願っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)