東日本大震災で示した「絆」をシッカリと世界中に示す事の出来た大勢の日本人選手に改めて敬意を表したいと思います。御苦労様でした。

 ロンドンで開催されたオリンピックも閉会しました。日本選手の皆さんの健闘に改めて拍手を送りたいと思います。我が国・日本はサッカーをはじめ水泳、体操、バレーボールまど団体競技の方が光り輝きました。スポーツの清々しさはフェアプレイに尽きます。どの国よりも反則が少なく世界中に日本民族の素晴らしさを示す事が出来ました。東日本大震災で示した「絆」をシッカリと世界中に示す事の出来た大勢の日本人選手に改めて敬意を表したいと思います。御苦労様でした。
 一方、開催国のイギリスは恥しげも無く大勢の帰化選手を動員してメダルの数を誇りました。日本人には到底出来ない恥ずべき行為だと多くの日本人は思った事でしょう。一時世界をリードした誇りあるイギリスの姿は何処にも見出す事の出来ない情け無い国家に成り下がってしまった印象を強くしました。アメリカのメダリストも殆どが黒人で、シナを除くアジアの国々だけがマトモな国籍を持った選手だと再認識しました。自己の欲を満たす為には国籍など簡単に捨て去る選手に拍手を送る気にはなれません。たった一人しか参加出来ない国もありました。この様な少数民族国家の選手が国を代表して誇り高く競技する姿に感動するのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)