スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李明博の竹島上陸で泥棒国家・韓国と絶交する又とないチャンスが巡って来ました。

 10日午後2時ごろ、恥知らず国家・韓国の大統領が不法占拠している日本領の竹島に上陸したようです。李明博韓国大統領は政権末期でレームダック状態な上、実兄は韓国独特の収賄容疑で逮捕されるなど窮地に陥っている我が身を守る為に行ったパフォーマンス以外の何物でも有りません。本当に朝鮮民族と言う人種には道徳観とか恥という日本人が最も大事にしている価値観など微塵も持合せていない野蛮人そのものとしか言えません。哀れみを感じるほどの最低な民族だと自ら世界に宣伝している事すら理解出来ていないようです。
 日本はこんな非常識な国家と付き合う価値は有りません。慰安婦問題では未だにアメリカにまで行って自らの恥を晒しています。恥を恥とも思えない低劣な感覚しかなく、脅し賺してタダ金になればそれこそが最高の価値としか思えない民族と付き合う事など有りません。日本から様々な精密部品を輸入しなければ、何も出来ないニセモノ作りだけが唯一上手な産業国家と関係を持たなくても日本は充分遣って行けるのです。むしろ韓国や北朝鮮と関係を持つたびに日本の貴重な財産を掠め取られるのが関の山です。日本政府はサッサと駐韓大使を召還させ、絶交する気概を示さなければ将来に大きな禍根を残すでしょう。
 そもそも今回の事件の原因はロシアのメドベージェフが北方領土に上陸した際、日本政府が弱腰姿勢しか摂らなかった事に尽きます。民主党政権になって以来尖閣・北方領土そして今回の竹島全てが泥棒国家に犯されてしまいました。一刻も早く民主党政権に終止符を打たなければ日本全体が他国に支配されかねません。サッサと解散総選挙を実施させ、左翼政権を打倒しましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。