スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可笑しな事例が頻発する現代日本に大きな危惧を感じてなりません。

 今朝6時過ぎから岩国基地にオスプレイが陸揚げされました。案の定、9条の会をはじめとする左翼の連中が反対の声を挙げて上陸阻止運動を繰り広げていました。左翼マスコミはしきりにオスプレイの危険性ばかりを誇張して、一般国民に不安感を与え日米安全保障条約の不公平感を報道しています。よく言われるように現代社会を取り巻いている様々な工業技術に絶対安全など存在しません。今や日本国民の生活に無くてはならない車、飛行機、電車の利便性や、停電の無い良質な電気の供給、更に国家の基本的な安全保障を担う防衛力などが当て嵌まります。勿論この中に原子力発電も含まれると思います。国家の安全が保障されなければ平和憲法など何の役にも立ちません。当然シナが得意な他民族支配(チベットやウイグルなど)を受け入れて、我が日本民族が自由のない国家に成り下がる事を認めるならば仕方有りません。左翼の連中は日本などこの地球上から無くして仕舞いたいと本気で考えているようで、如何に可笑しな精神や考え方をしているか我々は到底理解出来ません。

 東京都23区の内、11もの区役所が避難訓練時に自衛隊員の受け入れを拒否したとの報道が有りました。驚くべき反応で、自衛隊員の迷彩服を区民に見せたくないとの理由も挙げているようです。万一首都直下地震が起きた場合、これらの区には自衛隊員の災害支援を拒否する覚悟が有っての仕打ちならば仕方有りません。世田谷区などもと社民党の落選者が区長を勤めています。杉並区でも山田元区長の素晴しい功績でもあった教科書が、左の区長誕生で自虐史観満載のトンでもない教科書に変更させられました。東京都の石原知事に反撥しているのかどうか知りませんが、東日本大震災で命懸けの救援活動をして頂いた自衛隊員への侮辱的態度を示したこれらの区長に良識ある区民は声を挙げなければなりません。可笑しな事例が頻発する現代日本に大きな危惧を感じてなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。