スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新党「己の権力だけが一番!」「民主党政権下、尖閣の国有化に絶対反対!」

 ハグレ狼の様な新党「国民の生活が第一」が昨日発足しました。日本の政治を滅茶苦茶にし続けてきた悪徳政治家・小沢が性懲りも無く4回目の愚行を繰り広げている姿に哀れみさえ感じてしまいます。無知な庶民を騙せるとでも思っている様なフザケタ党名「国民の生活が第一」を掲げても大方の国民は期待などしていません。どうせ次回の総選挙で9割がたのボンクラ議員は落選の憂き目を味わう事でしょう。
強盗国家シナ、ロシアそして朝鮮等により様々な嫌がらせを受けている我が国を取り巻く国際情勢など何処吹く風とばかりに「脱原発」と「国民の生活が第一」等と世間受けする言葉だけが頼りで、国家観や安全保障など考える事など一切出来ない政党が国民から支持を受ける時代は過ぎ去りました。
 
 野田総理が尖閣諸島の国有化を宣言した途端、シナや台湾が尖閣諸島の周りをうろつき挑発し続けています。石原都知事が明確に尖閣諸島の買取をアメリカで明言した時と比べて異常な反応を示している事は如何に民主党政権が舐められていると言う証拠だと断定できます。万一野田総理が尖閣の買取を宣言しても、今回の様に国民から買い取り資金の寄付など一人も居なかったでしょう。特に民主党政権下での国有化には反対運動が起きたかも知れません。それほど民主党政権は信頼されていないのです。2回に亘りそれなりの寄附金を提供した者として、東京都が買い取った上で港湾、電波等、灯台、避難用の宿泊施設更に自衛隊や警察が駐屯出来る様な施設を構築し、誰の目にも実効支配していると思われる状態にならない限り国有化する事には反対します。
スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます。国民の生活が第一・・国民を舐めていますね。小沢一派の実力は民主党政権下で白日の下にさらされ総選挙で何人生き残れるか疑問でしょう。
それとは、別に大阪のバラエティ番組(たかじんのNOマネー)に江田けんじ氏が出演し、消費税増税法案、附則8条の説明もせず、「増税を強行して財務官僚の利権と土建屋に対しバラ撒いて自・公・民の大連立を画策している」と言い、「議席があれば増税は止められる」と言ってました。
マスゴミは維新を軸に、みんな・社民などの連立を画策しているようですが、岸博幸氏と江田けんじ氏の「何でもかんでも規制緩和、民間に開放すれば経済は立ち直る」支那・韓国・米国を始め外資にあらゆる分野への資本参入を可能にするような発言を垂れ流し、自民・公明・民主の議員も呼ばず反論の機会を与えず、印象操作を画策する。
出鱈目過ぎます。維新・みんな・社民が連立すれば、人権保護法案・外国人参政権など次々に危険な法案が成立し、発送電分離、原発廃止、TPPなど国民の富を外国に売り渡すような政策を実行しかねません。
水面下で、小細工をするマスゴミに騙されないようにしなければなりません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。