社会福祉の根本は国家の安全保障こそが第一である事を国民に知らしめる事こそが責任ある政治家の務めです。

 自公民の三党合意で消費税増税法案が可決する見込みで進んでいますが、小沢グループは離党覚悟?で反対しています。民主党の嘘まみれマニュフェストを守るべきとの理由で反対しているようですが、このグループのバカさ加減に驚くばかりです。私自身小沢と同じく増税には反対ですが理由は全く違います。今直ちに行うべきはデフレからの脱却こそが第一で建設国債を大幅に発行してでも公共投資すべきだと思うからです。EUの現状を見ても円高を是正しなければなりません。増税賛成派は日本の財政がギリシャ以上に危機的な状況に在るなどと嘘八百を堂々と述べています。万一日本の財政が諸外国と比べてそれ程危機的な状況であれば円高になる筈が無いからです。危なっかしい米国さえインフレ目標を3%に設定しているにも拘らず、デフレで困っている日本が1%としている日銀の自虐的な政策に対して政府が同意している事こそが大問題です。
 自民党は民主党に擦り寄り増税に賛成していますが、最低条件として公共工事の予算を倍増させる事を約束させなければなりません。橋や道路そして下水道など50年以上経過して劣化している施設の改修費用に多くの財源を今から投入しなければ、将来大きな問題が発生して国民の安全を脅かすことは明らかです。更にシナや朝鮮に対する安全保障上の対抗策として防衛費の増額を成し遂げなければなりません。社会福祉の根本は国家の安全保障こそが第一である事を国民に知らしめる事こそが責任ある政治家の務めです。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)