スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無能力な政治家が間違って権力を握ると国民は皆殺しにされる可能性がある事を証明させなければなりません。

 今一つ突込み不足を感じさせる国会の「事故調査委員会」でしたが、最終報告書に向けた論点整理で菅前総理や枝野、海江田等官邸による無駄で過剰な現場介入が福島原子力発電所事故の対応に大きな妨げとなり、官邸の初期対応の遅れが地域住民の避難に際して大混乱を生じさせたとの結論を出したようです。事故調査委員の野村氏は、「官邸関係者から頻繁に電話が入り、場違いな初歩的質問で、現場対応にあたる者が余分な労力を割かれた。官邸の頻繁な介入が、(現場の)指揮命令系統を混乱させた」と明確に指摘し厳しく批判しました。原子力に付いてズブノ素人の政治家が余計な口出しをした事が事故後の処理を遅らせ被害を増大させた事が明らかになりました。
 菅や枝野そして海江田が口裏を合わせ「東電が全面撤退を申し入れた」と全ての責任を東電に押し付けた事も明らかになりました。この卑怯者達をこのまま政治家として存在させる訳には行きません。この上は国会に提出された事故原因を基に菅前総理を始めとする民主党政権のボンクラ政治家を徹底的に追及して、刑事事件としても告訴すべきだと思います。無能力な政治家が間違って権力を握ると国民は皆殺しにされる可能性がある事を証明させなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。