スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。防衛大を卒業した日本男子として晩節を汚さない事を祈ります!

 今回の内閣改造で一番気になっていた防衛大臣が森本氏に決まった事に驚きました。予想では渡辺周氏だと思っていたから尚更です。自民党や野党がシビリアンコントロールの面で問題が有ると指摘していますが、私自身は前任者のボンクラ田中と比較すれば数千倍の価値が有ると評価しています。但し、森本新防衛大臣がかねてから主張している集団的自衛権の行使を堂々と国会で答弁する事が条件となります。民主党政権で国家の防衛・安全保障に関する一定の改革を担う気概を国民に示す事が何より大事な仕事となります。得意の防衛論で民主党内の幼稚園児をせめて義務教育のレベルまで引き上げる事こそが森本氏に求められている最低条件だと思います。PKOの派遣隊に国際標準の武器使用を認めさせる事や、インド洋の給油艦やイランの掃海艇派遣など国債的な貢献を担える当たり前の国家として自衛隊員に誇りを持たせる事こそが防衛大臣の大きな役目だと思います。本質的に売国的な民主党員をマトモな国会議員に育て上げる事こそが日本の再生に欠かせません。森本新防衛相は国家に対する最後のご奉公となるでしょうから、大臣の椅子に執着せず国家を守る大きな任務を全うして貰いたいものです。防衛大を卒業した日本男子として晩節を汚さない事を祈ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。