スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥知らずでオッチョコチョイ渡辺みんなの党代表に呆れ果てています。

 オッチョコチョイ渡辺みんなの党代表が「小沢を控訴すべきではなかった。検察の反則負けであり、そういうのを指定弁護士が控訴するということ自体、おかしい」と惚けた事を言っています。大阪の橋本の人気にあやかろうと擦り寄る醜態を恥しげも無く取れるこの男を私は信じていません。アジェンダなどと何語か知らずに栃木の田舎者丸出しでセンスの無さを振り撒いて顰蹙をかっている事に気付いていません。国民の殆どが小沢の無罪判決に驚愕し、直ちに控訴すべきだと思いました。判決文を素直に読んで無罪だと思える人は余程のへそ曲がりで、日本語の解釈能力に大きな欠陥が有るとしか思えないからです。勿論検察の驚くべき不真面目さを責めるべきですが、自分の秘書が3人も逮捕起訴されたにも拘わらず、その雇い主である小沢が無罪となることに納得する国民は殆ど居ないと確信しています。専門家の判断が余りにも常識から離れていて不自然さを感じて居る為に裁判員制度が採用されたのです。今回の裁判にも裁判員を参加させれば無期懲役?の判決が出ても可笑しくなく、国民の手で小沢という巨悪に止めを刺す事が出来たかも知れません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。