スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島の寄付金が2億円を突破しました。

 東京都が尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入計画をめぐり4月27日に開設した購入資金の寄付金口座への入金が、7日までの11日間で計2億2789万8890円になったようです。私も日本人の証として5万円寄附しました。仲間も数人寄付したそうです。まだまだ日本人の心意気は廃れていません。この結果をシナはどの様に感じるでしょう。マスコミでは盛んに都税は都民の生活の為に使うべきだと石原都知事の快挙を牽制し、シナの御機嫌を伺う論調を掲載しています。NHKや朝日など腐ったマスコミ、正にゴミそのものが日本という国家の国益を毀損し続けて来ました。寄付をした日本人は尖閣諸島の使用について意見を言う権利を得た事になります。現民主党政権がシナに迎合して、現状の日本国民上陸拒否政策を続行する事などを許す訳には行きません。当然の事ながら民主党政権下で国有化することなど断固拒否します。東京都が所有して灯台、電波塔、漁港整備、自衛隊員宿舎建設、PAC3常設、当然自衛隊の常駐設備等を早急に具体化して欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。