スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の審議拒否に賛成出来ません。後先も考えられない執行部は交代すべき!

 前田国交相と田中防衛相の二人は問責される前に辞任すべきでしたが、野田総理は依然として更迭する気はサラサラ無く自民党は全面的に審議拒否という対応を行いました。総理が本気で命を掛けて消費税増税案を国会で成立する積りならば問責決議を受ける前に二人の議員を即座に辞めさせ、国会審議の障害を排除すべきでした。与党の対応に対して自民党は全面的な審議拒否という戦法を採りましたが、この遣り方には賛成出来ません。公明党の対応の方がマトモに思えます。最も問責を受けるべき人間は野田総理と藤村官房長官で、この二人の酷さを各予算委員会で徹底的に追及出来る可能性が有るからです。今のままズルズルと審議拒否しているとマスコミが自民党の無責任さを必要以上に書き立て、言い訳をしなければならない惨めな結果を招くからです。今の自民党執行部の幼稚さに腹立たしく思っている国民は多いと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。