言うだけ番長・前原の事を非難する事さえ無駄な事で虚しさばかり感じています。

 民主党の前原政調会長が昨日、石原都知事が尖閣諸島の買い取りを表明したことについて、「もし買うのであれば、国が買って実効支配を継続すべきだ。民間の所有者から国が購入することが望ましい」と述べました。更に樽床伸二幹事長代行は「関係国との調整もしっかりやるという事で、政府が対応して頂けるものではないか」と述べたようです。。弱腰民主党政府がシナに対して対応出来ると思っている事自体無責任と言わなければなりません。
 そもそも、民主党政権のシナに対する対応が目に余るほど酷いと感じた所有者が、このままでは将来尖閣諸島がどうなってしまうか心配し、熟慮を重ねた上で石原都知事なら信頼出来るので今回の取引に応じた訳です。その様な事情を知らない筈が無いにも拘らず、上記の様な発言をする事自体国民に対する侮辱としか思えません。さも保守的な考えの持ち主だと言わんばかりに、シナに対して強気な発言を繰り返し、保守系の我々を騙し続けてきた前原の化けの皮が剥がれた今、言うだけ番長・前原の事を非難する事さえ無駄な事で虚しさばかり感じています。
 孫崎 とかいう元外務省国際情報局長が己の力量を棚に上げ「この分野は基本的に外交分野、軍事の分野は国ですから。何が起こるかというと、軍事的あるいは外交的な軋轢というものが出てくる」等とシナに対して尻尾を巻くような発言を「毎日新聞系のTBS朝ズバ」で石原発言に対する批判をしています。外務省の対応が我国の誇りを徹底的に奪い去り、シナの横暴を許して来た事は間違い有りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)