狡賢い野田総理の無責任さと決断の無さこそが問責されるべきでは?

 野田総理の無責任さと決断の無さが今日行われた参議院の本会議で問責決議案提出とその可決という結果がもたらされたのです。紛れも無い公職選挙法違反の前田国交相と無知で恥知らずの田中防衛大臣の辞任は大多数の国民が支持する事は必然で、この二人と同罪の総理の無責任さとケジメの無さは武士道とは真反対の対応でした。前田国交相は民主党の看板でもある「コンクリートから人へ」という路線を全面的に否定し、道路や鉄道そしてヤンバダム工事再開と公共事業の必要性を問い直すマトモな政治家と好印象を持っていただけに少々残念な気もします。田中のポンスケはお笑い番組と同程度の遣り取りとしか思えないほどの頓珍漢大臣で、政治家の質の低さを改めて世間に御披露した事で、国会議員の定数削減の必要性を提示した功績は大いに評価出来るのではないかと感じました。田中に対する問責に反対討論をした民主党議員の演説を聞いて、成る程と思った国民が果たして何人居るでしょう?この議員の驚くべき認識と馬鹿さ加減は田中を完全に上回りました。
 今日の参院本会議で、未だにゴルファー・サクラの親でもあるゴロツキ横峰や谷亮子が参議院議員として在籍している事を知り、改めて無駄遣いの徹底を国民が強く求め続けなければならないと強く思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)