スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我々国民はトンでもない政権を選択したものです。詐欺師集団に騙された国民全員が反省するしか有りません。

 「率直に『知らないことは知らない』というのは、『無知の知』というのもあるが、判断力はしっかりもっていると思うので、適材適所だと思っている」と野田総理がポンスケ田中防衛大臣を庇っています。判断力とは何かを全く理解していない野田の暴言ともいえます。田中の無能力さを知らなかったからこそ防衛大臣として任命すると言う判断を下したのですから一目瞭然です。野田総理の最大の武器でもある演説はある程度説得力を持っている事は確かですが、今回の答弁は支離滅裂で自らの判断力の低さを露呈させただけで国民から冷たい視線を浴びせられるだけでした。総理自らの判断力欠如が如何に国益を毀損させているか強く反省しなければなりません。

 民主党政権は原子炉の再稼動の是非を即席暫定基準で判断しようとしています。余りにも拙速で論理矛盾を抱えながらの再稼動には、如何に原子力発電の再開に賛成とする立場の私でさえ強く反対せざるを得ません。原子力安全委員会、保安院及び民主党政権への不信感が最高潮に高まっている今、素人の4閣僚の政治判断に賛成する国民など何処にも居ないと思います。改修計画が有るだけで改修工事が終わっていなくても再稼動を認める可能性が有ると言うのですから、その意味が解りません。福島の原発事故の原因も究明されていない現段階での再稼動を認める訳には行かないのです。事故当初、パフォーマンスとも言われる菅前総理の現地視察と素人大臣の暴走が事故原因の大半を占めるとされています。ズブの素人が現場に余計な口出しをして一刻一秒を争う重大事に邪魔をした事に間違いは有りません。我々国民はトンでもない政権を選択したものです。詐欺師集団に騙された国民全員が反省するしか有りません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。