旅の恥は掻き捨てとばかりにボケ鳩がイラン事をしています。

 日本の外交、特に日米関係を大きく損わせたボケ鳩が余程暇なのか、イランに民主党外交最高顧問と言う立場で居ながら恥だけでなく、日本の国益を考慮しない暴挙を繰り広げる為にイランのアフマディネジャド大統領らと無駄話とも言える意見交換をする為に、個人という資格で訪問するとの事です。こんな外交音痴のポンスケ元総理を外交最高顧問と言う役に就けた野田総理に最大の責任が有ります。田中と同じ程度の脳味噌しかないガラクタ政治家しか居ない民主党政権は日本にとって「百害有って一利無し」と言わなければなりません。この二人は揃いも揃って自己顕示欲だけは人一倍強く、遣る事為すこと全てが頓珍漢で「馬鹿は死ななきゃ直らない」を絵に描いたような「トッチャン坊や」でしか有りません。ここまで酷い学芸会を見せ付けられる国民こそ大きな迷惑で、その結果の尻拭いをする次世代の若者に申し訳ない気持ちに為ってしまいます。「善は急げ」の言葉通り一刻も早い解散総選挙の実現が待ち望まれます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)