スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚報を垂れ流す沖縄タイムスか琉球新報のビルにミサイルの破片でも落ちればと願いたくなります。

 北のミサイルが沖縄方面に向けて発射されるとの情報を受けて、自衛隊がイージス艦やPAC3を沖縄に配備しています。今まで沖縄県は無責任な鳩山の暴言に併せて普天間基地の国外・県外移設を叫び、辺野古への移転に大反対だった沖縄のマスコミがPAC3の沖縄配備には全く反対していないようです。本土のテレビをはじめ新聞でも一切反対していません。イザ我が身に災難が降りかかる可能性が生じると反日団体は恥しげも無く口をつぐんで知らん顔です。米軍だけでなく自衛隊に対して異常なほど嫌悪感を抱いている左翼連中の身勝手さが暴露されています。以前、東京都知事の石原氏が「ミサイルが一発ぶち込まれなければ日本人は覚醒しない」と述べた事にマスコミは暴論と囃し立てていましたが、正に正論でした。北に「発射するぞ!」と恫喝されただけで、マスコミだけでなく沖縄県民は萎縮し、自衛隊様に頼るしか出来ない事を身に沁みて感じて居る事でしょう。万一何の被害も無ければ、今息を潜めている反日売国奴達は以前と同じく自衛隊反対の狼煙を上げるのでしょう。虚報を垂れ流す沖縄タイムスや琉球新報のビルにミサイルの破片でも落ちればと願いたくなります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。