スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉と甥が上京して選んだ靖国神社参拝。感激しました!

 遅かった桜の開花がようやく各地から伝えられ、遅い春の訪れを楽しみにしていましたが、今日は九州から東日本まで春の嵐が吹きまくるようです。折角咲いた桜の花が強い風で飛び散るのではないかと心配しています。先日、東京在住の私の姉の療養見舞いに九州鹿児島から姉と甥の二人が上京して来ました。お見舞いは午後1時からなので午前中東京見物として選んだ場所が今流行のスカイツリーなどではなく、なんと靖国神社でした。丁度桜の花も咲き出した時で私自身とても嬉しく感激しました。野田民主党政権の閣僚が一人も靖国神社へ参拝しない反日振りを国民に見せ付けていますが、名もない姉と甥は貴重な上京の機会を捉え、先ず第一に靖国神社の参拝を全てに優先したのです。先の大戦で尊い我が身を国家に為に捧げ、「靖国で会おう」という約束をして仲間達と別れた英霊の皆様に感謝の誠を捧げる事が、残された我々日本人にとって最低限行わなければならない務めだと信じています。靖国神社内の遊就館を見学した甥は改めて日本の歴史と先人の偉業に強く感動したようです。私も孫と共に終末には靖国神社に参拝する予定でいます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。