スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政界再編してマトモな国会運営が出来なければ日本一国だけが取り残されてしまいます。

 国会が開催中で震災復興について真剣に討議しなければならない大事な時期に、政権政党の幹事長・輿石ミイラの訪中団とボンクラ鳩山が事も有ろうに中国を訪問し、シナの次期最高指導者に内定している習近平国家副主席と個別に会談した。同じ民主党でありながら別々に朝貢しなければならない理由が分かりません。
歴史問題について輿石は自ら村山談話を持ち出し、ウイグル人の大量虐殺を指揮した習近平に対して迎合するばかりで、尖閣諸島で遣りたい放題のシナの悪行については一切抗議出来ない腰抜けミイラ振りを発揮しただけでした。そもそも民主党政権は日本の国益を台無しにするだけで、日本の安全保障や歴史認識に全く関心を持たない売国政権そのものですから一刻も早く政権の座から降りるべき存在でしかないのです。今の政治状況では消費税増税法案は衆参で通過し成立する見込みは立っていません。近い内に解散総選挙は避けられないでしょう。政界再編してマトモな国会運営が出来なければ日本一国だけが取り残されてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。