スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

様々な面で日本の屋台骨の脆弱さが露わになって来ました。

 無能で無責任な原子力安全委員会の班目委員長が23日、定期検査で停止中の関西電力大飯原発の1次評価について、「問題ない」とする確認結果を決定しました。貧乏神の様な班目が未だに委員長を務めている原子力安全委員会の言葉を信じる国民は居ないでしょう。更に素人で信用度ゼロの民主党政権の政治家がその安全性を確認して再稼動するかも知れないとなると、原子力発電を推進すべきと思っている私でさえ反対したくなるのは当然で不安を募らせるのは自然の成り行きです。班目は会議後の会見で「科学者として言うべきことは述べた」とし、再稼働の是非については「判断するのは政府」と全く他人事で責任のカケラも持合せていません。原子力安全委員会は脅すだけで予知など一切出来ない地震学者と同様で、存在そのものが邪魔でしか有りません。今後我々国民は日本の科学者の無責任体質を強く批判していかなければ、益々貴重な税金を食い荒らされてしまいます。様々な面で日本の屋台骨の脆弱さが露わになって来ました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。