スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏向放送にひた走るNHKは即刻解体して民営化する時期に来ています。

 最近少しづつでは有りますが、核武装・憲法9条・武器輸出3原則の緩和・PKOの武器基準更に河村市長の南京大虐殺問題等について、マスコミ各社は昔ほどのアレルギー反応を見せなくなりました。これは民主党政権に根意見交代が起き、今までの様な無責任さでは到底国家の安全を守れないと言う事を理解しつつあるからかも知れません。民主党政権の子供ジミタ大甘な外交・安全保障感覚ではとても国民が安心出来ない事をボンクラ政党でも分かりつつあるからでしょう。鳩山、菅の二人が揃いも揃って無責任を絵に描いたようなオバカサン振りを曝け出し、流石に多くの国民も目を覚ましつつあるのだと思います。

 僅か2年半経過しただけで我国に対する反日国家のシナや朝鮮の態度が強圧的になってきました。田中のポンスケ防衛大臣の国会答弁を見て今こそチャンスだとほくそ笑んでいる事は誰でも想像出来ます。小学生が見てもワザと知らない振りをしているのかと思えるほど無知で無教養なジーさんの存在が日本の誇りを奪い、世界各国から嘲笑されているにも拘わらず、未だに大臣を罷免させる事も出来ない野田総理の責任は重大で日々日本国家の価値を貶めています。支持率が少々上っているようですが、多くの国民は国会中継を詳細に見ていないからで、これはNHKの恣意的なニュース番組の編成が大きな罪を作っているのです。先日の参議院予算委員会で自民党の有村治子議員や世耕議員の素晴しい質問に対する藤村官房長官の無知無能振りな答弁態度は夜7時からのニュースでは一切放映されず、民主党の問責議員・一川の惚けた質問だけを流すと言う偏向放送で売国民主党の醜態を隠すという破廉恥振りです。偏向放送局NHKは即刻解体して民営化する時期に来ています。
スポンサーサイト

コメント

ガレキ利権は田中派の紅白戦

ガレキの広域処理利権は
田中派の紅白戦です。

野田、検察、ガッキーのやる気のなさは異常です。

小沢と創価が解散させない理由は簡単。

それは小沢と創価が黒幕だからです。

事実、野田のマズイ政策は
すべて小沢の利権と結びついています。

詳細はこちら↓

ht■tp://blog.livedoor.j■p/sheltem2/

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。