今日は感動しています。純日本人女性の御厚意に感謝感激脱帽しています。

 昨日地元藤沢のタウンニュースに意見広告を掲載した所、問い合わせが2件有りました。タウン社には2件苦情の電話が有ったようです。当方には歴史認識について疑問が有る様な感じの問合せでしたが、約30分ほど意見交換を行いました。特段強いクレームでは無く穏やかな会話で終わりました。
他の1件は女性の読者で「まさか鈴木氏が共産党の支援を受けているとは思わず、悔しい思いで一杯です」という電話でした。神奈川新聞の選挙戦前後の取材記事にシッカリ書かれている事と、共産党の広報ビラの話をして漸く納得されました。その後、再度電話が有り、我々の会に対して「日本を良くする為の活動に小額ながら寄附したい」旨のお話を頂きました。「貧乏な会ですがお気持ちだけで結構です」と遠慮させて戴きましたが、本日雨が降っているにも拘らず弊会まで想像を超える寄付金をお届け頂きました。我々の会の存在を認めて頂いただけでも満足しましたが、意見広告を読んだだけで弊会の応援までして頂けた事に、仲間達と共に大きな感動と喜びを噛み締めさせて戴きました。夫々が仕事を持ち、大した活動が出来ている訳では有りませんが、今後の活動に大きな推進力と自信を彼女から与えて頂いた事に心より感謝申し上げます。
 次回の講演会には教育・教科書問題に詳しい先生をお招きして、一層詳しい情報を提供して頂く予定です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)