極度のインフレ恐怖症を患っている白川貧乏神を追放するだけで景気回復するような気がします。

 日銀の白川総裁の顔を見る度に不景気な貧乏神としか思えません。昔、三重野とかいう日銀総裁も似た様な馬鹿者でしたが何故この様なボンクラを日銀総裁に就任させるのか全く理解出来ません。現在の日本は20年もの間デフレで景気回復出来ないで居ます。資本主義の原点でもある経済運営は2%ほどのインフレが前提になっている事位常識です。あのアメリカでさえ2%のインフレ目標を示したにも拘らず、世界で唯一デフレに見舞われている日本が僅か1%のインフレ目標を掲げ、さも勇断したかの様な顔をしている所に日銀総裁の非常識さを感じます。僅か1%を決断しただけでも株価が少し上昇し9000円を超えましたが、我国の株価は一時3万を優に越えていた事は誰でも知っています。せめてアメリカ並みの2%を目指さない限りデフレ傾向に歯止めなど出来る筈が有りません。極度のインフレ恐怖症を患っている白川貧乏神を追放するだけで景気回復するような気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)