スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メゲズに国会答弁する田中の根性は鬼嫁・真紀子による教育の花が大きく開花したのかも知れません。

 田中のバカボンがマタマタ社民党・照屋議員の質問で恥をかかされています。硫黄島の正式名称を「いおうとう」か「いおうじま」かと問われ、官僚に聞いている大臣に「周りに聞くな!」と恫喝され「いおうとうではないかと思います」と自信無げに答弁する始末です。更に「自衛隊の硫黄島基地が有るではないか!」と民社党議員にすら馬鹿扱いされているのですから堪ったもんでは有りません。この調子でさえメゲズに国会答弁する田中の根性は鬼嫁・真紀子による教育の花が大きく開花したのかも知れません。余りにも酷い答弁が質問者の士気を奪う戦略だとしたら見上げたものです。

 阿部社民党議員の質問に対する答弁を、流石に民主党の中井委員長がバカボンの答弁に不安を感じたのか、渡辺周副大臣を指名したところ、間抜け親父が挙手をして生意気にも渡辺を制して答弁しようとした時「大分、自信を持って来た様だね」とつい本音を言って仕舞いました。議場には拍手と笑い声?中井もたまには良い事を言うものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。