スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理念のカケラもない民主党の本性を炙り出すには国会討論が必須です。

 民主党が掲げてきた政治主導は何処へ行ったのでしょう?左翼弁護士の枝野が内閣法制局長官を差し置いて勝手な法解釈をした挙句、様々な面でつじつまが合わなくなった為に、24日召集の通常国会から内閣法制局長官による答弁を復活させる方針をこっそり決めたようです。マニュフェストという怪しげな言葉を使って国民を騙し、国民との約束を悉く破りやるべき事はやらず、突然消費税と共に復興税など庶民に負担だけを求め、国会議員自らは何の痛みも感じない正に勝手気ままな遣り放題をこのまま見過ごす訳には行きません。甘い幻想を振り撒いて投票詐欺とも言える手段でもぎ取った政権は最早存在すら許されません。権力を握った途端、国民に対しての約束を破り、独裁政権の如く遣りたい放題をしている民主党のドジョウ内閣は一日も早く解散総選挙を行い、国民の審判を受けるべきです。

 自民党の森元総理が盛んに与野党の事前協議をするべきだと囃し立てています。去年三党合意をして子供手当てを無くす事を約束したにも拘らず、姑息にも「子供手当て」を「子供の為の手当て」とまるで「子供騙し」とも言える様な騙しを平気で行う小宮山が未だに閣僚を務める内閣とマトモに事前協議など出来る筈がありません。24日から開催される国会で堂々と討論をして国民に判断して貰えば済むことです。マスコミは自民党を始めとする野党の事前協議拒否の態度を非難していますが、国会で与野党が堂々と討論し、その結果を尊重する事が民主的で当然過ぎる程当たり前の事だと思いませんか?理念のカケラもない民主党の本性を炙り出すには国会討論が必須です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。