見るからに貧相で恥知らずの輿石は自らの歳費は削減しないと言明しました。破廉恥罪で提訴したい気分です。

 民主党の輿石幹事長が会見で「国会議員の歳費(月額約130万円)削減はしない。今一番やらなければならないことは議員定数と国家公務員給与の削減であり、これを最優先でやりたい」と述べました。この男の顔は典型的な貧乏人そのものので、自分の給料だけは何としても切られたくないと必死になっています。普通、トップにいる人間が改革を目指す場合は率先垂範して己の身を削り、その必要性を部下に説くのが当たり前なのですが、こいつは真逆の言葉を恥しげも無く吐きだしました。この男が日本人を下品にする為頑張っている日教組のトップを務めているのですから日本が可笑しな方向に進むのも当然でしょう。真に情け無い破廉恥な男を政権与党の幹事長に据えている不真面目・野田ドジョウの真髄を見る思いです。自分達の痛みは先送りして、財政危機を煽ってヒタスラ増税路線を突き進む民主党政権を解体しない限り国民の幸せは遠のいてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)