スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大臣指名を待つ間、ソワソワドキドキ!こんな男が防衛大臣?いつ問責を受けるか時間の問題です。

 今回の内閣改造では4ヶ月前のドジョウ内閣発足当時から不適財閣僚と名指しされていたボンクラを辞めさせただけで、消費税増税一本槍の覚悟だけを表明し、その責任を岡田に押し付けただけの内閣となりました。一川の次に登場したのが間抜ズラ・田中で何の取り柄も無い71歳のポンコツでした。大臣指名を待っている模様をテレビで見ましたが、ソワソワして目の焦点も合わない情けなさと言うか、お笑いを誘うほど滑稽な仕草をカメラの前で恥しげも無く、その小心者振りを万遍となく熱演していました。下品さNO!真紀子のケツに潰される座布団の様な役割しか演じて来なかったガラクタでも大臣になれるのですから、民主党がマトモに機能しないのは当り前です。たかが大臣の指名を待っているだけでも落ち着く事も出来ない人間に国家の安全を守る防衛大臣が務まる筈が有りません。ドジョウが如何に国家の安全を軽視しているか、沖縄問題等心の隅にも置いていないかを明らかに証明しています。シナや北朝鮮から侮りを受けるような我が国の防衛問題を軽視する事が如何に危険か、まるで考えていない内閣である事は間違い有りません。物足りなさは有りますが、民主党にも長島や渡辺周など防衛に詳しい人間が居るにも拘わらず、適材適所という意味も解からない総理大臣にはサッサと退陣してもらわなければ国民は安心して暮らす事など出来ません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。