スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目からウロコ!京都大学の中西先生とチャンネル桜の水島社長の新春対談は見逃せません。

 京都大学の中西先生とチャンネル桜の水島社長の新春対談で今年以降の日本の針路を語り合っています。民主党政権に交代して日米安全保障が瀕死の状態に陥りつつある事、その意味と対処すべき問題の憲法改正、中でも9条の改正が待った無しの状態である事を詳しく説明されています。大阪市の予算の半分以上に達した生活保護費という滅茶苦茶な大阪市の現状が日本の将来の姿を暗示している事に衝撃を受けました。大阪の都構想、TPP問題、武器輸出の解禁、集団的自衛権の問題や尖閣問題と対中政策等々に付いても目からウロコの指摘に全て納得しました。今年は日本にとって国家の安全保障を徹底的に考え、国難を追い払う目覚めの元年となる事を願います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。