真の保守党の誕生を願います。

 今年は何としても政界再編しなければ日本の将来が危うくなります。民主党も自民党も右から左の思想を持った人間がごった煮状態で、夫々の党の明確な違いが判然としません。本来自民党は保守政党として認知され、自らも名乗っていました。保守の基本は日本の伝統と文化を尊重し、各個人の自立を基本に共助と公助は補助的な支援で小さな政府を目指し、憲法改正を基本構想として存在する筈でした。然しながら自民党が公明党と組んだ途端、大衆迎合政治に舵を切り、結果的には保守政治の基本まで壊した結果が民主党政権の誕生になったと思っています。

 ここまで曖昧な状態に陥り、国民にも違いが分からない政治と決別する為にも、自民党は分裂してでも保守本来の道を堂々と進む事が国民の信頼を取り戻す早道だと思うのです。戦後の自虐史観の象徴とも言える総理大臣や閣僚による靖国神社への不参拝を正常に戻す為にも、国民に歴史的な正論を当たり前に語り国家の尊厳を取り戻す事こそが何より重要な政治家の勤めだと思います。過去の戦争で国家の為に命を捧げた英霊の皆様が祀られている靖国神社への参拝を反対するような輩を内包している自民党では再起は不能です。公明党との選挙協力の方が靖国神社への参拝より大事だと思うような売国奴など必要有りません。民主党や他の政党でも参拝する政治家は仲間に入れても良いでしょう。何故ここまで靖国神社に固執するのか?それは大東亜戦争が終わりアメリカを始めとする連合国側の一方的な国際法を無視した東京裁判では、今や世界的にも裁判とは認められない事後法で日本側の提出した証拠は殆ど却下し、確たる証拠も無い単なる伝聞を証拠採用して日本の軍人を裁きました。その結果ABC戦犯として刑を執行され靖国神社に祀られているのです。その後、日本は占領を解除され、独立国として全て戦犯が国会議員全員の賛成で無罪放免として釈放されたのです。靖国神社には戦争犯罪人は祀られていないのです。A級戦犯の皆様が祀られている靖国神社など存在しないのです。この位の事は政治家で有れば知らない筈が無いのに売国政治家集団の民主党政権は一人も参拝していません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)