スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

、日本人から人間として最も大事な誇りを奪い去ろうと躍起になっているのが反日政党・民主党の正体です。

 沖縄辺野古の環境影響評価(アセスメント)の評価書を本当に防衛省が郵送した事に驚きました。沖縄便は毎日何便も飛んでいます。こんな時こそ問責されても辞めなかった一川が誠意を込めて沖縄県に届けることこそが人間の行うべき最低の礼儀だと多くの国民は感じていたと思います。自ら撒いた不祥事で沖縄県民を愚弄し、話し合いさえも実質拒否される状態に貶めた責任を取る最後の機会を放棄した上、沖縄県民に対する大きな侮辱感を与える最低の遣り方を断行した事になります。今回の対処が決定的に普天間基地の存続を促したと確信します。

 この程度なのです。民主党政権は自民党安倍内閣時代に力を注いだ道徳教育を拒否し、人として最低限守らなければならない行いを大の大人になっても理解出来ないガラクタ集団だという事を明快に証明しました。「弱者に優しい政治」を掲げながら、今や強者となっている公務員や在日ばかりの特権を擁護して、マトモに働いている大勢の国民に負担を押し付けて平然とする独裁政権と化しています。言う事為す事全てに責任を持たず、強いものに迎合し、日本人から人間として最も大事な誇りを奪い去ろうと躍起になっているのが反日政党・民主党の正体です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。