見るも無残な既成政党に渇を入れ、国会議員を手玉に取る橋本市長にエールを送ります。

 八ッ場ダムの建設を継続する政府の方針に対し、民主党の前原「言うだけ」政調会長が激しく抵抗している。大方9割程出来ているダム工事を嘘つきマニュフェストで中止と掲げた為、何の検討もせず馬鹿の一つ覚えで「中止!中止!」と喚き散らし、お情けか裏取引で政調会長という重職を与えられ、勝手に偉くなったと勘違いしたオオバカ前原が犬の遠吠えをしているだけの話です。オオバカ前原がピンボケ藤村に直談判しても「糠に釘状態」で万事休すです。前原の如き口先男が次期総理にでもなったら完璧に日本国は崩壊して仕舞います。それにしても、民主党というガラクタ政党が政権を取れるのですから、日本の政治は堕ちる所まで堕ちたとしか考えられません。

 朝日新聞の事を「馬鹿朝日」、出来の悪い教師はサッサと首切り、役所に喰らい付くコバンザメ退治等など真実を堂々と声に出せる大阪市長の橋本が大勢の国民の支持を受けるのは当然です。対する既成政党の与野党国会議員の貧弱さには驚いてしまいます。一欠けらの信念も無く昨日の敵に擦り寄り党首自ら一地方の市長にゴマを摺っている醜態を見て国民は何を感じるのでしょう?いっその事、橋本を総理大臣にして様々な利権に群がる多くの国会議員を追放すれば少々の軋轢は生じても日本の洗濯が出来るかもと期待してしまいます。馬鹿な国会議員より東京裁判の無効性をマトモに解説出来る橋本市長の活躍にエールを送ります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)