スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原腰抜け幹事長が総裁選に出馬?自民党も堕ちる所まで堕ちたのか?

 驚く事に自民党の石原腰抜け幹事長が来年行われる党総裁選について「谷垣総裁が出馬しなければ自ら立候補したい」と述べた様です。谷垣が出馬したら見合わせる程度の男が次期総裁に名乗りを上げる事自体、自民党が如何に落ちぶれたか証明しています。身の程知らずも好い加減にして欲しいものです。谷垣と同様、民主党に擦り寄る情け無い男で、本来幹事長の器も無い男ですから谷垣と共に辞任すべき日和見主義者でしか有りません。親の慎太郎の100分の1も無い力量で、辛うじて親の7光で議席を維持しているだけの石原が総裁選に名乗りを上げる程度に自民党の衰退を浮き彫りにしている現象とも言えるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。