自民党が第一に問責を求めるのは与党の閣僚ではなく谷垣執行部に対してでは?

 ほぼ毎日衆参予算委員会や各委員会をインターネットで視聴していましたが、与党民主党の各閣僚の不勉強さを改めて見せ付けられ、強い絶望感と日本の行く末に大きな危機感を感じる毎日でした。とりわけ酷い言動に思わず声を出してしまったのが、今日の午後問責を受ける事になっている一川と山岡の二人ですが、それ以上の無責任さに反吐が出そうな男が我が国の最高権力者でもあるドジョウ総理である事は間違い有りません。野党の任命責任追及に対して未だに厚かましくも同じ言葉の繰り返しで、我が身の危険を回避出来るとでも思っているのかボンクラ閣僚を平然と擁護し続けて馬耳東風の醜い顔を晒しています。

 破廉恥鳩が未だに国会内を無責任な言動で飛び回り国民に大きな顰蹙をかっています。ズル管もテレビ出演で言い訳三昧の恥を晒し続け反省のカケラも見せていません。今や国会議員の質の低下に歯止めが掛からない無免許運転状態が我国を益々衰退させている事は明白です。ここまで酷い詐欺師的な政権運営を続けさせている大きな原因が自民党の責任である事も明白な事実です。政権交代時から自民党総裁の谷垣ではとても民主党を倒せる筈が無いと危惧していましたが、案の定「女の腐ったような言辞」で民主党政権の暴走を止める事が出来ない現状に至りました。即刻総裁交代をする位の危機感を自民党員が持てない現実に対して国民は信頼感を持てないのです。自民党が第一に問責を求めるのは与党の閣僚ではなく谷垣執行部に対してでは?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)