スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田は即刻辞任して故郷のドブ川でドジョウ掬いでもしながら人生を全うすべきです

 恥しい事に12日に開かれた環太平洋経済連携協定(TPP)の首脳会合の席に、ドジョウの座るオブザーバーとしての椅子さえも用意されていませんでした。常に自分の意見は曖昧にしてきた結果が見事に現れたと言う事です。我が国の総理大臣・野田ドジョウのリーダーシップの無さを、世界の国々のトップが全員で認識したと言う事です。無能な総理に聞かせる事など無いと判断されたのです。どんな顔をして羽田に帰って来るのでしょう?離党などと出来もしない覚悟を示し反対の先頭に立っていた山田前農水大臣の不真面目な対応が示す通り、殆ど全ての民主党の閣僚が能力も無いくせに大臣の席に座って私利私欲の醜態を示している事を世界中の政治家は知っているのです。総理大臣たるものは国家の為に最善の方策を国民に示し、如何に反対があろうとも自分の信念を貫き、万一命を奪われても実行する事が何より最優先されるのです。元総理の岸信介は日米安保条約締結の為には命を懸けました。今回のハワイでの醜態は帰国後、野田が如何に言い繕うとも日本国家が世界中から「物笑いの種」となった事を消し去る事は出来ません。想定通り国益を失うハワイ会談でした。野田は即刻辞任して故郷のドブ川でドジョウ掬いでもしながら人生を全うすべきです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。