在日特権も極まりました。神戸市の対応の酷さが国家解体の第一歩です。

 驚くべき事実です。神戸市が「『氏名』という表記は「氏を持たない韓国朝鮮人に対する差別である」と主張する一部の団体の圧力に屈服し、学校現場を中心に「氏名」を「名前」に言い換える取り組みを進めているという許し難い事実が発覚したと言うのです。一部の団体とは民団だと想像出来ますが、こいつ等は何処まで日本を馬鹿にすれば気が済むのでしょうか?現在日本に居る在日韓国朝鮮人は圧倒的な比率で昭和30年前後に密入国した連中です。朝鮮戦争の最中だけでなく戦後、特に済州等辺りから逃げ出して来た密入国者が占めている事は当時の新聞を見返すだけで充分その事実を知る事が出来ます。外務省の資料でも戦前強制連行された朝鮮人の数は300人足らずです。不法入国して戦後のドサクサに紛れて空き地を不法占拠した事も当時の新聞を見れば明らかです。

 故国を棄て密入国という不法な手段で日本に侵入したのですから国外退去させるべきでしたが、当時の日本は警察組織も充分でなく取締りが不十分だった様です。本来、他国に不法入国したのなら静かひっそりと暮らすのが常識ですが、日本人の優しさに乗じて様々な権利を主張し、それを支える共産党や公明党が徹底的な売国行為を働き、朝鮮人に大きな特権を与え続けて来て、今や日本人以上の権利を当然の如く獲得して遣りたい放題です。今まで朝鮮人にも氏名が有ると思って居ましたが、例えば「金大中」の金は氏ではなく姓だそうです。ですから朝鮮では「氏名」とは言わず「姓名」と言うようです。まさか朝鮮方式の「姓名」を使う訳にいかない為「名前」と変えた様です。それにしても日本国内で長らく使用されて来た「氏名」を、他国の団体に言い掛かりを付けられて変更した神戸市の対応を許す訳には行きません。こんな所まで在日の連中に口を挟ませ、それに応じている自治体の体質こそが厳しく問われなければなりません。何でもその場しのぎで対応して来た公共団体の無責任さを象徴させる事件です。
スポンサーサイト

コメント

暴力団排除へ全力投球! 警視総監が始球式で暴排条例をPR

暴力団排除へ全力投球! 警視総監が始球式で暴排条例をPR
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110921/crm11092100370002-n1.htm
【関連情報】
【拡散】7月1日 中国_国防動員法 日本_個人観光ビザ緩和 同時施行
http://www.youtube.com/watch?v=HhzbxtrQmdM&nofeather=True

日本国内に物凄い勢いで増え続ける中国人
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/chsk.cgi

 闇社会に支配された反日売国テレビ局・マスコミとパチンコ資金の排除を行い日本人社会の破壊者、
支那人や朝鮮人の成り済まし売国系国会議員を追放しよう。 反日売国勢力の浸透と犯罪を防止し
て安全安心社会を守るために自衛隊、警察、消防(反日売国系職員を除く)と連携した自警団
の結成を急ごう。

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
韓国銀行取り付け騒ぎ     9月21日(水)
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-785.html

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)