無知な人間の馬鹿げた花火の放射線被害を優先し、被災地の福島を貶める愚行を犯す我が国の風潮こそ放射能より恐ろしい事だと思いませんか?

 放射能の危険があると市民に反対されたとして福島で造られた花火が、愛知県日進市の花火の打ち上げを中止したと報道されました。京都の大文字焼きと全く同じ様なヒステリー症状を思わせる幼稚な行動をとる人間が未だに居るものです。先稿で放射線の怖さを必要以上に振り撒く民主党政権を始めとする反原発運動家の胡散臭さを知って貰えればと思って、関係論文を転載した所、当コメントにも保守の人間として論文を掲載する事そのものに付いて非難されました。様々な意見が有り、夫々素直な気持ちで一応見聞きし、各人が個人として判断する事こそが民主主義の基本でしょう。過去の原子炉事故の後、追跡調査した結果人体に殆ど影響が無いと専門家が証言しても、一刀両断で頭から否定するようでは話になりません。

 福島の原子炉事故で政府の強制的な避難指示で、半年を越えても未だに言い知れぬほどの苦痛を押し付けられている福島の方々には同情するしか有りません。更に東北全体も風評被害で精神的な不安だけでなく、経済的な展望も開けない様々な1次産業従事者や加工、運搬など多方面に亘る大勢の真面目な国民が困り果てています。原発事故の影響は想像を超える範囲で日本全体に及んでいます。天災による事故が起きた事を悔やんでも仕方が有りませんが、人間による事故対応の良し悪しは注視して問題点を追及し改善しなければなりません。万一の事を考えて異常に厳しい数値を被災者に押し付け、責任逃れとも思える言動を行う政府に信頼感が無い為、国民は必要以上の恐怖感を持たされているのが現状だと思います。無知な人間の馬鹿げた花火の放射線被害を優先し、被災地の福島を貶める愚行を犯す我が国の風潮こそ放射能より恐ろしい事だと思いませんか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)