スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英霊に対する不遜な態度に対する天罰を受け、反省も出来ないドジョウの命はスタートした途端、風前の灯となりました。

 衆院代表質疑を見ていますが、余りにもの酷さに唖然としています。「正心誠意」という言葉が逃げ出しそうな無内容で惚けた答弁に終始する、ドジョウの卑劣さばかりが際立つ茶番劇以下の代物でした。全ての答弁が無責任でした。例えば朝鮮学校の授業料無償化問題では文科省に丸投げです。菅でさえ再開を指示出来る事を、それをストップ出来ない訳が有りません。菅よりズルイかも知れません。菅は批判を覚悟して暴挙に出ました。暴挙を食い止める事は総理しか居ないのに逃げているのです。まるで尖閣問題で検察に責任を押し付けた前政権を見ているようです。これにも増してガッカリしたのは野党の総裁でありながら相変らず的を外し、相手に逃げ場を与えるような谷垣総裁の質問振りには匙を投げるしか有りません。参議院の代表質問に期待するしかなさそうです。
 
 ドジョウは所詮ドジョウで、泥の中でしか生きて行けない事を早々に証明しています。靖国神社への参拝について自民党の古川議員がかなりシツコク問い質しましたが「総合的に考えると政府として総理、閣僚は参拝すべきではない」と明確に不参拝と断言しました。ドジョウ自身の公言していた信念から言うと「参拝する」という答えしか出来ない筈なのに全く国民を馬鹿にした話です。シナに訪問した時、コキントウに頭をナデナデして貰いたい一心で売国朝貢ゴマを摺っている様にしか思えません。総理になる前の言葉とは180度違う言葉を吐き出すドジョウの口の構造はどうなっているのでしょう?日本国の為に命を捧げた英霊に対する感謝の念より、シナや朝鮮のゴロツキ共に気兼ねする事を優先したのですから売国奴の極みとも言えます。この1件だけで野田の全てを見透かす事が出来ます。小泉元首相は靖国神社へ在任中毎年参拝しました。その後の安倍、福田、麻生、鳩山、菅と全ての総理は全て参拝していません。結果1年の寿命で総理の地位から滑り落ちました。英霊に対する不遜な態度に対する天罰を受けた証拠です。その反省も出来ないドジョウの命はスタートした途端、風前の灯となりました。
スポンサーサイト

コメント

国務大臣の演説に対する質疑(代表質問)

第177回国会審議中継
9月15日12:30~
国家基本政策委員会審議中継を見ています
URL 未定

9月15日14:00~
本会議審議中継を見ています
URL 未定

第178回国会本会議中継2011年9月14日 (水)
開会日 : 2011年9月14日(水)
会議名 : 本会議
収録時間 : 2時間 22分
案件(議題順):
国務大臣の演説に対する質疑(代表質問)
横路孝弘(衆議院議長)  13時 02分  01分
谷垣禎一(自由民主党・無所属の会)  13時 03分  1時間 04分
樽床伸二(民主党・無所属クラブ)  14時 07分  34分
衛藤征士郎(衆議院副議長)  14時 41分  01分
古川禎久(自由民主党・無所属の会)  14時 42分  39分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41282&media_type=wb&lang=j&spkid=19603&time=01:48:29.5

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。