スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月13日(土)八木秀次先生の講演会が開催されます。御参加下さい!

 藤沢市で3年前の7月末、育鵬社版の歴史と公民の教科書が採択されました。弊会も教育委員会宛に請願書を提出したり、参議院議員の義家弘介先生や元鎌倉市議・伊藤玲子先生の講演会を開催し、採択実現に微力ながら貢献した事に誇りを感じながら会員同士で喜び合いました。
 然しながら昨年2月12日に行なわれた市長選で、反日教科書を破棄し育鵬社の教科書採択に貢献して頂いた海老根氏が様々な誹謗中傷を受け残念ながら落選しました。市議と県議を夫々4期務めていた自民党県議の鈴木氏が驚く事に共産党の支援を受けて新市長に就任してしまいました。共産党の要望「現場の意見を尊重して、戦争を美化する教科書の排除」を簡単に受け入れたのです。殆どの市民は保守系だと信じて、共産党と手を組んでいた事を知らずに鈴木氏に投票したと思われます。
 鈴木市長の任命で新しい教育委員に交代しました。共産党が諸手を挙げて絶賛する人事が行われました。このまま手を拱いていては来年度の教科書採択では、間違いなく反日教科書に逆戻りする事は間違い有りません。逆戻りを阻止する為に今から行動を起こさなければなりません。皆様方と対策を考える為に9月13日(土)2時より「八木秀次先生」を藤沢にお招きして下記の通り講演会を開催する事となりました。友人もお誘いの上、大勢の皆様方のご参加をお願い申し上げます。
                 <記>
日時  平成26年9月13日(土)1時30分開場 2時開演
場所  藤沢市建設業会館4階
              藤沢市役所裏、ハローワーク隣
講演者:八木秀次先生は日本の法学者。麗澤大学教授。専門は憲法学、法思想史。保守的思想を持ち、一般財団法人「日本教育再生機構」理事長、フジテレビジョン番組審議委員、産経新聞正論メンバー。「新しい歴史教科書をつくる会」第3代会長として活躍されています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。