ヤクザ以下の韓国と付き合い続ける意味が何処に有りますか?

日米韓首脳会談で、安倍首相と韓国の朴槿恵パククネ大統領の顔合わせがようやく実現した。会談を前に安倍首相と朴氏は、オバマ大統領が見守る中で、握手を交わした。 だが、朴氏は硬い表情が目立ち、安倍首相への警戒感は解けなかったようだ。 「お会いできてうれしい」 日米韓の首脳が横並びに座った会談冒頭。安倍首相は朴氏の方を見ながら、韓国語で語りかけたが、朴氏は斜め下を向いたまま、目を合わせようとしなかった。

 韓国民族の未成熟さを世界に広める絶好の会談でした。日本から見ると哀れささえ感じる程で、韓国の国民が喜んでいる様なら最早お付き合いする理由は何処にも有りません。韓国と付き合わなくても日本にとって蚊に刺されるほどの痛みは有りません。これ以上、朴バカ女に日本国の責任者・安倍総理が迎合する姿を日本人は見たくないし、益々韓国を嫌いになるでしょう。如何に相手を思って誠意を尽くしても通じず、呼吸のように嘘を吐き続ける民族とは絶交するに限ります。ヤクザでも一旦示談が成立すれば話は終わりますが、韓国の場合「千年経っても」様々な言い掛かりを付け続けるでしょう。

 最近、自民党元幹事長の古賀が野中と共に安倍総理を盛んに非難し続けています。こいつ等は民主党のガラクタ議員より何倍も性悪で、その証拠は可愛そうな位ねじれた醜い顔を見れば分かります。男の顔は履歴書とも言います。正に、こいつ等こそが戦後利得者でシナや韓国と共に日本国の財産を食い潰して来たのです。悪い奴ほど良く眠り長生きするだけに今後も安倍総理は茨の道を歩き続けなければなりません。マトモナ日本人が安倍総理を支え続ける事がマトモナ国家となるのです。
スポンサーサイト