リーダー不在の国政に対して、大阪の橋本が強力な発言力と説得力で既存政党を叩き潰した今回の選挙結果は有権者にとって久し振りに味わう爽快感でも有りました。

 書く気も失せるほどの政治状況が続いているので、一休みしていました。考えられない程の民主党政権のデタラメさに最早付ける薬も見付けられません。それは、民主党政権を倒した後、それに代わる政党は自民党しかないと不満ながらも期待していた部分が完全に消滅したからです。自民党の谷垣総裁に対しては以前より不満が大きく、菅前総理の辞任と共に谷垣総裁も同時に辞任するべきだと思っていたにも拘らず、依然としてその席に留まり、驚くべきは来年の総裁任期が終わったら再度立候補するなどと馬鹿げた発言を聞いて、最早付ける薬が無いとビックリ仰天愕然としました。あれ程の不祥事を犯した菅政権を追い詰める事さえも出来ず、曖昧で馬鹿丁寧な言葉でその場を濁してリーダーシップのカケラも示せない男が、未だに総裁の椅子に座っている自民党の情けなさに絶望したのです。

 大阪の知事と市長選挙に於いては最早許す事の出来ない対応をしました。選りもよって最大の敵である民主党や共産党と共に手を組んで、最早統治能力の無い平山ダメ市長を支援し見事に大敗しました。大阪市は日本で一番生活保護者が多いと言われています。兎に角他の市町村と比べて審査が甘く弱者救済と言う名目で貴重な税金をばら撒く民主党そのものの体質を抱え、今や倒産寸前の無政府状態の行政区で日本の未来を指し示しています。現在国政を預っている民主党と同類の放漫経営を継続して来た市長を支援する自民党には全く期待など持てなくなるのは当たり前です。売国民主党よりも先に自民党を分解すべき時が来ました。民主党と同じ考えしかない谷垣や石原バカボンが自民党のトップを占めているのですから支持率が上がらないのは当然で、こいつ等の頭の程度は幼稚園児以下と断定しても良さそうです。

 TPP問題についても党内の意見を纏める事が出来ず、曖昧な態度で国益を基準に考える事さえ出来ない点は、正に民主党のドジョウと自民党の谷垣は全く相似形で何の為にリーダーになったのか全く理解が出来ません。リーダー不在の国政に対して、大阪の橋本が強力な発言力と説得力で既存政党を叩き潰した今回の選挙結果は有権者にとって久し振りに味わう爽快感でも有りました。国民は国会議員に対して大きな不信感を抱いているのです。TPP問題にしても曖昧な表現で誤魔化していると思われているのです。私自身TPP参加には断固反対ですが、若し国家のリーダーである総理大臣が国民の様々な疑問に対して、万一間違いや解釈の違いが少々あっても、国益に照らして将来日本の為になると固く信じているのであれば命懸けで国民を説得すれば良いのです。そして最後は自ら決断して断行すればよいのです。余りにも周囲の顔を見て、責任回避とも取れるような振る舞いが国内ばかりでなく国際的な信用を失って、結果国益を大きく毀損する事になるのです。
スポンサーサイト