スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたくないけど仕方無しで「岡崎トミ子」を書きます。

 岡崎トミ子の馬鹿げた答弁について始めて書き込みます。正直言って彼女の顔を思い出したくない為、書く気がしなかったからです。答弁する声色までも私の気持ちを逆撫でするので書く時間さえ勿体無いと思ったからです。  
 
 昔、中学の同窓会で某私立大学の教授をしている男が参加して居ました。胸ポケットから新聞の切り抜きを取り出し「今、韓国から戦争当時従軍慰安婦をしていた御バーさんを日本に招待し、当時の悲惨な状況を語って貰う運動をしている」と語り、さも良い事をしているかの如き態度で、自分が新聞記事に載っている事を自慢していました。私は猛然と反論しました。「韓国の女性が如何に戦時中とは言え売春をしていたと、外国にまで行って喋らせる事が、彼女らに対する酷い仕打ちだと解っているのか?」「日本人の女性だったら過去の恥しい体験を喋る筈が無い」「親切な素振りをしてお前のやっている事は、彼女達より卑しい事だ」と散々叩きのめしました。

 岡崎トミ子の振る舞いはマサにこの時の友人と瓜二つです。いくら国会議員でも大学教授でも、この種の人間の間違った慈善と、本人だけが思っている言動は「偽善」そのものです。金になれば自分の恥など何とも無く世間に晒す事の出来るのが朝鮮民族の特徴です。最近、日本人と称している女性の馬鹿タレントが、やたらと下半身の話を自慢げに話しています。芸能人に恥の文化の無い帰化朝鮮人が多いのも頷ける次第です。岡崎も先祖を辿ればあの辺だろうと思わずには居られません。千葉景子といい岡崎トミ子といい、可笑しな感覚を持った大臣を量産する民主党政権のやる事為す事不可解な事ばかりです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。